診療をお考えの方へ

患者のみなさんへ

当院には日米両方の歯内療法学会より認定を受けた歯内療法専門医、歯の根の治療のスペシャリストがおります。
抜歯はできるだけ避けたい、治療は済んだがまだ痛みが続いている、など、歯内療法に関する問題に対して最新の治療技術とコンセプトを用いて最良の医療を提供しております。

一方で、歯科治療は痛みがあるときだけ行うものでなく、一連の治療計画や処置後の予防メインテナンスといった流れが大変重要です。

根管治療はあくまで歯を保存するための治療の1ステップ。
実はその後の被せものや予防メインテナンスが根管治療の成功率にも大きく影響します。
そのため、歯内療法専門医は患者さんのかかりつけ歯科医師と密に連絡を取り合う必要があります。

当院の歯内療法科は、現在かかりつけの歯科医院に通われる患者さんを、担当の先生よりご紹介いただいて治療をお受けしております。
紹介状をかかりつけ医の先生にご記入いただき、初回のコンサルテーション時に現状や治療法、予後についてご説明しております。
専門医による治療に興味がおありの方は、担当の先生にぜひご相談してみてください。

一方で、歯科医院に現在通院中ではないが、歯が痛い、歯が残せるのかどうか知りたい、という方に対し、セカンドオピニオンも行っております。
また、どのような治療の選択肢が考えられるのか、歯の根の治療にはどれくらいの期間がかかるのか、などのご質問にもお答えしております。

お悩みのことがありましたら、セカンドオピニオンの予約希望として当院にご連絡ください。

歯科医師のみなさんへ

当院では、米国の歯内療法専門医と同じく、紹介患者さんの根管治療をお受けしております。
きちんとした補綴物を入れる前に患者さんにしっかりとした根管治療を受けてもらいたい、治療中だがなかなか痛みが消えない、根管治療後に再発してしまった、など、患者さんに最良の治療を受けてもらいたい先生、また難症例にお困りの先生のお手伝いをさせていただいております。
歯を保存する際、根管治療はまさに基礎となる治療。お手伝いできる領域でしたら、先生の大切な患者さんをぜひご紹介ください。

治療の流れ

  1. 紹介状をご記入ください。今までの病歴や治療内容、今後の治療予定をご記入いただけると参考になります。
  2. 紹介状を患者さんにお渡しいただき、貴医院受付スタッフまたは患者さんご本人から当医院にお電話でご連絡ください。その際、「歯内療法専門医の予約希望」とお伝えください。ご予約をお取り致します。
  3. 初回は1時間のコンサルテーションとなります。治療の選択肢やリスク&ベネフィット、治療期間や料金のご説明を行います。必要な場合、応急処置や処方もいたします。
  4. コンサルテーションの結果は、貴医院宛にメールまたは郵送でご報告いたします。患者さんに紹介状をお渡ししたものの当院より何も連絡がない場合はご一報ください。患者さんが来院されていない可能性があります。
  5. 治療後は速やかに、紹介元の先生に治療報告書を提出いたします。その後の治療は引き続き先生の歯科医院で進めていただきます。

ご質問やご要望がありましたらどうぞお気軽にお電話ください。