実際の症例

私たち歯科医師は、治療の際、狭いお口の中で歯を観察するため、診療イス(歯科用ユニット)に付いているライトを様々な角度に動かします。しかし術者が実際目で見ている世界(観察視軸)はライトの当たっている世界(照射軸)とズレが生じているため、必ず影ができ、暗くてよく見えない領域が発生します。
ましてや歯の内部となると、一般的な治療環境では真っ暗で、ほとんど手探りで治療を行わざるを得ません。

根管治療は神経・血管領域を処置する外科治療です。これを手探りで行うというのは、無影灯も付けずに、極端に言えばアイマスクをして手術をする外科医と同じようなものです。このような治療環境では極めて困難が伴います。

このように歯科治療を「医療」という観点から今一度考えると、通常の治療環境・設備の下での根管治療は極めて確実性が低く、治療後の再発やトラブルのリスクが高くなることは容易に想像できるでしょう。

そこで、根管治療をより確実なものにするため、米国歯内療法学会では手術用顕微鏡を治療に導入するよう、1998年より専門医育成レベルからトレーニングすることが義務化されました。眼科・脳神経外科などですでに活躍していた手術用顕微鏡を用いることで、観察視軸と照射軸が一致し、暗い歯の内部まで無影灯で照らしているかのように精査することができるようになりました。
さらに顕微鏡本来の機能である術野の拡大ができることで、肉眼では見落としてしまうような部分を詳細に確認することができます。手術用顕微鏡を根管治療に用いることは、その治療を成功に導くための大きなアドバンテージとなりました。

そして、この手術用顕微鏡のみならず、ラバーダム防湿による衛生的な治療環境、歯科用超音波装置、柔軟性の高いニッケルチタン製ファイル、その他専用の器具や器材を用いることで、術前の診査診断はもとより、治療がより確実に、そして効率的に行えるようになってきました。歯内療法の世界では、医療機器の進歩とともに、今までは予知性が不確実ゆえに抜歯になっていた歯を救うことができるようになってきたのです。

ここでは、手術用顕微鏡を用いた実際の根管治療をご紹介いたします。

症例1「他院で抜歯と言われた」~歯根破折の疑い~
症例2「ブリッジに必要な歯を残したい」~複雑な根管形態~
症例3「自分の歯は残せるのかどうか、本当のことを知りたい」~破折線の有無~

上記症例写真は、患者さんにご同意を戴いたうえ、個人が特定できないよう配慮した状態で掲載しております。
掲載写真や内容の無断転載・複製・改変を禁じます。利用されたい場合は必ず当院へご連絡ください。